八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

5氏が取り組みを紹介

石垣島観光の現状を説明する嘉数博仁氏(中央)=1日午後、大浜信泉記念館

石垣島観光の現状を説明する嘉数博仁氏(中央)=1日午後、大浜信泉記念館

石垣島田舎体験プロジェクト実行委員会の取り組みを紹介した成底正好氏(右)=1日午後、大浜信泉記念館

地域活性化フォーラム

 「石垣島の体験ツアーを活性化する秘策とは?」をテーマにした石垣島子育て情報地域活性化フォーラム・映画上映会が1日午後、大浜信泉記念館で開かれた。このうち、フォーラムでは地域活性化プロデューサーの渡邊竜一氏が進行役を務め、「まちむら交流きこう」の花垣紀之氏、市観光文化スポーツ局長の嘉数博仁氏、石垣島田舎体験プロジェクト実行委員長の成底正好氏、受け入れ農家の木光子氏がそれぞれの取り組みを紹介した。

 同フォーラムは南ぬ島石垣空港開港で多くの観光客が来る中、体験型観光の受け皿づくりを強化していこうという取り組み。

 同フォーラムのパネルディスカッションでは嘉数氏が石垣島観光の現状を説明した後、渡邊氏が徳島県上勝町の葉っぱビジネスや地球元気村、花垣氏が長崎県小値嘉島の民泊、成底氏が石垣島沿岸レジャー安全協議会と田舎体験プロジェクト、木氏が受け入れ側の現状を紹介した。

 このうち、花垣氏は「修学旅行の受け入れは学校側と直接コミュニケーションを取ってニーズを把握し、教育効果を高める質の高いプログラムづくりが重要だ」と述べた。

 また、渡邊氏は「観光は押しつけるケースが多く、成功している事例は来た人がどのようにうれしいのか、突き詰めて考えていく必要がある」と提案した。フォーラムに先立ち行われた映画上映会では葉っぱビジネスで有名な取り組みを映画化した「人生、いろどり」を放映し、石垣島田舎体験プロジェクトのメンバーらが熱心な表情で見入っていた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム