八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

受けよう!がん検診! 福祉保健所が受診を訴え

「がん検診受診率50%達成に向けた集中キャンペーン月間」で受診を呼びかけた「けんしんくん」と「於茂登かめ」さん=30日午後、マックスバリュやいま店

「がん検診受診率50%達成に向けた集中キャンペーン月間」で受診を呼びかけた「けんしんくん」と「於茂登かめ」さん=30日午後、マックスバリュやいま店

 10月の「がん検診受診率50%達成に向けた集中キャンペーン月間」にちなみ、県八重山福祉保健所は30日午後、マックスバリュやいま店で職員らが「受けよう!がん検診!早期発見、早期治療」と記されたポケットティッシュを買い物客に配り、受診を訴えた。

 がんは、1981年以降、日本の死因第1位で、2010年には年間35万人が亡くなっている。

 高齢化社会の進行で今後も死亡者数の増加が予想され、それを食い止めるには早期発見、治療が重要。同月間は、全国的に20%前後で推移しているがん検診の受診率向上を目指し、取り組まれている。同所では「6-8月に行われている特定検診と一緒に、がん検診も受けてほしい」と呼びかけている。

 同店では、同キャンペーンのイメージキャラクター「けんしんくん」に扮(ふん)した同所職員と県栄養情報提供店キャラクター「於茂登かめ」さんらがポケットティッシュを配布した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム