八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

素牛の産地をアピール ブランド「八重山郷里」

八重山産子牛ブランド「八重山郷里」を立ち上げた八重山郷里素牛生産者グループの会員ら=23日午後、東京都目黒区のホテル

八重山産子牛ブランド「八重山郷里」を立ち上げた八重山郷里素牛生産者グループの会員ら=23日午後、東京都目黒区のホテル

生産者グループが発足
 【東京】八重山の和牛繁殖農家でつくる八重山郷里素牛生産者グループ(東竹西信行リーダー)は23日午後、都内で八重山産子牛ブランド「八重山郷里」の発足式を開いた。同グループは「おいしい牛肉づくりは素牛から」をスローガンに、ブランドのロゴマークをつくって全国にアピールしていく。
 通常、ブランド牛には肥育された土地の名前が商標され、素牛の産地はあまり問題にされない。同グループは、肥育農家、食肉卸、エンドユーザーと連携を図り、良質な子牛産地としての八重山をPRしていく。
 同グループは「品質や安全について繁殖農家の役割と責任を共有する」(東竹西リーダー)として、子牛一頭ごとの飼料や治療などの履歴を網羅したカルテ「八重山郷里物語」の作成などをスタートさせる考え。
 東竹西さんは「環太平洋連携協定(TPP)の影響で、牛肉の生産・流通構造に大きな変化が起ころうとしている中で、小規模な繁殖農家の多い八重山の農家が生き残るために、農家の個性を尊重しながら、組織的な活動を通じて継続的な経営につなげていきたい」と話した。
 発足式には川満栄長竹富町長や外間守吉与那国町長、信戸一利農水省食肉流通係長らが出席した。
(黒島安央東京通信員)
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム