八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

男子大浜、女子石中がV 地区中学駅伝

5連覇でゴールする男子大浜中Aの玻座真里陽選手=市営陸上競技場

5連覇でゴールする男子大浜中Aの玻座真里陽選手=市営陸上競技場

2連覇でゴールする女子石垣中A識名寧々選手=市営陸上競技場

5区(3㌔)でタスキを取り、9分24秒の区間新記録を樹立した大浜中の島袋太佑選手(2年)

島袋太佑(大浜中)が区間新 11年ぶり

 第46回男子・第28回女子八重山地区中学校駅伝競走大会(八重山中学校体育連盟など5団体主催)が26日、石垣市運動公園陸上競技場を発着点に開催され、男子16チーム(6区間20㌔)女子11チーム(5区間12㌔)が健脚を競った。

 その結果、男子は3区でトップに立った大浜中学校が1時間7分18秒で大会史上初となる5連覇を達成。女子は石垣中学校が、1区から独走。45分14秒で2連覇した。

 また、大浜中の島袋太佑選手(2年)が5区(3㌔)で、11年ぶりに9分24秒の区間新記録を樹立。女子石垣中の下地紀和選手(1年)が4区(2㌔)で6分57秒の区間タイを記録した。

 重圧をはねのけ5連覇を飾った大浜中の新城秀人主将は「後半勝負する展開で優勝できたがタイムには満足していない。全国を目指しているので県大会でトップを目指す」と県大会制覇に意欲をみせた。

 5区で区間新記録を樹立した同中の島袋選手は「コンディションが良かったので区間記録は狙っていた。県大会でも一生懸命頑張りたい、来年も記録を出したい」と喜んだ。

 石中女子の識名寧々主将(3年)は「去年から同じチームで九州大会を目指してきた。記録は悪かったが県大会では修正して優勝したい」と話した。

 区間タイ記録の走りで連覇に貢献した下地選手は「7分以内を目標にしていたので達成できてうれしい。県大会で2位以内に入り、先輩たちと九州大会に行きたい」と豊富を話した。

 男女ともに上位4チームは11月16日国頭村で開催される県中学校駅伝競走大会への出場権が与えられる。

 大会結果は次の通り。

【男子】

1位=大浜中学校A(1時間07分18秒)

2位=石垣第二中学校A(1時間10分39秒)

3位=石垣中学校A(1時間12分42秒)

4位=与那国中学校(1時間13分44秒)

5位=船浦中学校(1時間14分55秒)

6位=小浜・鳩間・西表中学校(1時間16分04秒)

7位=白保中学校A(1時間16分26秒)

8位=大浜中学校B(1時間16分39秒)

9位=波照間中学校(1時間16分40秒)

10位=石垣第二中学校B(1時間16分40秒)

11位=石垣中学校B(1時間17分50秒)

12位=白保中学校B(1時間21分08秒)

13位=名蔵中学校(1時間22分29秒)

14位=伊原間中学校(1時間23分08秒)

15位=久部良中学校(1時間23分29秒)

16位=大原中学校(1時間23分41秒)

 

【女子】

1位=石垣中学校A(45分14秒)

2位=船浦中学校(48分58秒)

3位=石垣第二中学校A(50分07秒)

4位=白保中学校(50分50秒)

5位=石垣中学校B(51分05秒)

6位=大浜中学校(52分09秒)

7位=石垣第二中学校B(53分29秒)

8位=大原中学校(53分35秒)

9位=伊原間中学校(53分55秒)

10位=名蔵中学校(54分18秒)

11位=竹富中学校(59分36秒)

地図
  • タグ: 駅伝
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム