八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

冨名腰さんが金・銀

全国障がいスポ大会に出場し、メダルを獲得した冨名腰尚志さん(右)東田鉄也君=24日、石垣市役所

全国障がいスポ大会に出場し、メダルを獲得した冨名腰尚志さん(右)東田鉄也君=24日、石垣市役所

全国障害者スポーツ大会

 このほど東京都調布市の味の素スタジアムをメーン会場に開催された第13回全国障害者スポーツ大会(厚生労働省主催)に県代表として出場した冨名腰尚志さん(28)と八重山特別支援学校高等部3年の東田鉄也君(17)が24日午後、市役所を訪れ、中山義隆市長に成績を報告した。

 大会で冨名腰さんは成年男子砲丸投げで金メダル、ジャベリックスローで銀メダルを獲得。東田君は少年男子800㍍、1500㍍、4×100㍍リレーに出場したが、入賞はならなかった。

 冨名腰さんは「5万人の観客を見て緊張した。県代表選手や家族の応援がパワーになり、いい結果が出た。7年後の東京パラリンピックに向けて練習し、八重山の星になりたい」と報告。東田君は「もっと練習して来年もう一度挑戦したい。パラリンピックも目指したい」と東京五輪へ意欲をみせた。中山市長は「全力で闘い、素晴らしい成績を残した。東京パラリンピックを目指して頑張ってほしい」と激励した。

 同大会は国民体育大会と合わせ、「スポーツ祭東京2013」として位置づけられ、障がい者スポーツへの関心と東京パラリンピックへつなげる大会として開催。2人は八重山身体障害者福祉協会と県特別支援学校の推薦で初出場した。

  • タグ: 全国障害者スポーツ大会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム