八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

名産品10品目が決定 石垣市

ウシオプロジェクトで10アイテムに絞り込まれた名産品生産者ら=23日午後、ゆんたく家

ウシオプロジェクトで10アイテムに絞り込まれた名産品生産者ら=23日午後、ゆんたく家

ウシオプロジェクトで絞り込まれた名産品10アイテム=23日午後、ゆんたく家

全国からデザインを公募

 石垣島の名産品をリデザインする「USIO Design Project(ウシオデザインプロジェクト)」(主催・石垣市)でリデザイン対象の10アイテムが決定した。応募があった46アイテムの中から絞り込んだもので、同プロジェクトでは12月9日まで、ホームページで同アイテムを紹介し、全国からデザインを公募する。

 同プロジェクトは島の加工食品、工芸品、農水産物などの特産品を外からの新しい視点で見直し、石垣島・八重山地域独特の文化と魅力を再発見することが目的。

 9月9日|24日に参加企業を公募、46アイテムの中から株式会社ロフトワーク代表の林千晶氏を審査委員長に▽リデザインによる価値向上▽全体のバランス|などを審査し、10アイテムに絞り込んだ。

 23日午後、ユーグレナモール内にある「ゆんたく家」で10アイテムの公表があり、市観光交流推進課の小笹俊太郎主査は「石垣島の魅力を伝える名産品が出そろった。これまでになかったようなデザインが生まれてくることを楽しみにしている」と各アイテムを発表。

 このうち、「石垣島のパインアップル」を出品したJAファーマーズマーケットゆらてぃく市場の幸喜英信店長は「地元で生産者の多いパインを生かしていくために商品だけでなく、パッケージでも買って頂けるようになってほしい」とリデザインに期待を寄せた。

 「本当に真面目なツナフレークス」を出品した八重山漁協市場販売課の田中俊継さんは「マグロの大漁期に値崩れが起きないように開発された商品だが冷凍で販売しているため、今後は常温でも販売できるような商品開発にも取り組んでいきたい」と抱負を話した。

 各アイテムのデザイン公募は同プロジェクト公式サイト(http://usioproject.com/)で受け付けている。

地図
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム