八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

本若いずみさんが優秀賞 八商工定時制

第55回沖縄県高等学校定時制通信制生徒生活体験発表大会で優秀賞に輝いた八重山商工高校2年の本若いずみさん=22日午後、同校校長室

第55回沖縄県高等学校定時制通信制生徒生活体験発表大会で優秀賞に輝いた八重山商工高校2年の本若いずみさん=22日午後、同校校長室

県高校生活体験発表大会

 12日に浦添市てだこホールで開かれた「第55回沖縄県高等学校定時制通信制生徒生活体験発表大会」(沖縄県高等学校定時制通信制教育振興会など主催)で、八重山商工高校定時制2年の本若いずみさん(45)が優秀賞に輝いた。1992年の田村綾子さん(当時3年)に続く受賞。

 本若さんは「私の全盛期は今」のテーマで、これまでの人生や学業と仕事の両立の難しさ、充実した学校生活などについて堂々と発表。本番前の1カ月間は仕事の合間をぬいながら原稿用紙5枚分を暗記し、練習に励んだという。

 22日午後、同校校長室で本若さんは「大きな大会で受賞できたのも周りの支えや先生方の指導のおかげ。本当に感謝している」と喜びを語った。全国大会に出場できる最優秀賞は惜しくも逃したが、「2年後の4年生で学校生活を総括した文章をまた書き、大会にチャレンジしたい」と目標を掲げた。

 指導にあたった平良悦子教諭は「暗記すれば確実に賞を取れると言ってきた。大会では完ぺきに覚えて発表しており、本当に素晴らしかった」とたたえた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム