八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

結成20周年で決意新た 市女性防火クラブが記念式典、祝賀会

結成20周年を迎えた石垣市女性防火クラブの記念式典、祝賀会=19日、南の美ら花ホテルミヤヒラ

結成20周年を迎えた石垣市女性防火クラブの記念式典、祝賀会=19日、南の美ら花ホテルミヤヒラ

地域の防火、防災に尽力

 石垣市女性防火クラブ(西表直子会長・会員28人)の結成20周年記念式典、祝賀会が19日午前、南の美ら花ホテルミヤヒラで開かれた。式典、祝賀会には会員のほか、多くの消防関係者らが参加し、地域の防火、防災に尽力している同クラブの20周年の節目を祝福。西表会長は「これを第二のスタートラインと捉え、なお一層組織を強化していきたい」と決意を新たにした。

 同クラブは1992年12月8日に「石垣市婦人防火クラブ」として結成され、2004年5月に現在の名称に改名。「自分たちの地域は自分たちで守る」を基本理念、「防火はまず家庭から」を合言葉に、結成当初から保育園や幼稚園での紙芝居による防災指導、地域の高齢者宅を訪問して住宅防火診断や指導、住宅用火災報知機設置促進活動などを展開してきた。

 また、1994年と2009年10月には、全国婦人消防操法大会に県代表として出場し、いずれも敢闘賞を受賞。02年2月に日本消防協会から優良婦人消防隊表彰、翌年10月の自治体消防55周年記念大会で優良婦人防火クラブ賞を受賞した。

 西表会長は「20歳を迎え、ようやく大人の仲間入り。防火、防災の知識が浅いクラブ員だったが、多くの方々の指導で成長することができた。全国婦人消防操法大会に県代表で出場したことは当クラブの誇り」と式辞。

 石垣市防火委員会の大工嘉広会長は「強い防火の輪で結ばれているクラブ。消防の諸行事への協力に感謝する」とあいさつした。

 中山義隆市長(代読)、伊良皆高信市議会議長、県女性防火クラブ連絡協議会の比嘉トモエ会長がそれぞれ来賓祝辞を述べた。荻堂久子初代会長に感謝状が手渡された。

 祝賀会では、会員が20周年を記念して新調したそろいの法被を着て「防火音頭」を披露。前木秀靖元消防長や荻堂初代会長の激励のあいさつのほか、全国婦人消防操法大会への出場の際、指導にあたった花城真徳さんが当時のエピソードを披露し、会場は和やかな雰囲気に包まれた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム