八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

与那国の沿岸監視部隊駐屯地 工事の地元優先発注を

久部良に整備が計画されている駐屯地・監視所地区の完成予想図

久部良に整備が計画されている駐屯地・監視所地区の完成予想図

沖縄防衛局が説明会

 防衛省が与那国町への陸上自衛隊沿岸監視部隊の配備に伴い、現地で計画している駐屯地などの建設に向け、八重山建設産業団体連合会(黒嶋克史会長)が16日、沖縄防衛局の職員を招き、石垣市内のホテルで説明会を開いたことが17日、分かった。

 説明会では、同局調達部の吉川裕之次長が本年度中に用地を取得し、2014年度以降に敷地造成、工事に着手する計画を説明。建産連は、地元業者への優先発注や地元参画型制度の導入などを求めた。

 整備が計画されている面積は、久部良の駐屯地・監視所で約25㌶、祖納の監視所で約1㌶の計約26㌶。

 久部良の駐屯地・監視所では、2階建ての庁舎(延べ床面積約2000平方㍍)や隊舎(約3000平方㍍)、局舎(約600平方㍍)、訓練施設(約500平方㍍)、400㍍のトラックを有する全天候型のグラウンド、空自レーダーパット1基などを整備する。

 町の景観計画の基準に提示された項目を積極的に採用し、赤瓦屋根や石垣による囲い、昆虫類が生息できる代替池や在来種の植栽など環境保全も計画されている。

 説明会で建産連は工事の地元優先発注だけでなく、地元プラントの活用、整備後の各種資材や備品などを調達する際の地元への配慮を訴え、黒嶋会長は「大規模な公共工事は地域経済の発展に寄与する。工事の発注だけでなく、地元特産品を愛用してもらい、地場産業の振興にもつなげてほしい」と要望した。

 また、工事の発注について、防衛局が示した一般競争入札に対し、地元業者からは「郡外の大手企業が入札に参加すると、地元が受注するのは厳しい」として、地域評価型総合評価方式の基準に「地元に会社がある業者」の明記を要望。吉川次長は「できる限り要望に沿うようにしたい」と述べるにとどめた。

 建産連では、各業者の要望をまとめ、早急に防衛局へ地元優先発注などを要請することにしている。

  • タグ: 与那国町自衛隊
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム