八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

個人カード化へ 国保保険証

国保険証の個人カード化が望ましいと中山市長に答申する石垣市国民健康保険運営協議会の下野榮信会長=2日午前、市長室

国保険証の個人カード化が望ましいと中山市長に答申する石垣市国民健康保険運営協議会の下野榮信会長=2日午前、市長室

国保険被保険者証の個人カードサンプル

運営協が市長に答申 来年3月上旬から

 石垣市国民健康保険運営協議会(下野榮信会長、委員10人)の下野会長は2日午前、市長室で中山義隆市長に「石垣市国民健康保険被保険者証の個人カード化」について個人カード化は必要だとする答申を行った。答申を受けて市健康保険課は、来年3月上旬から個人カードへの更新を行う。

 国保保険証の個人カード化は2001年度に国保法施行規則の改正で個人カード化が原則となり、県内でも11市のうち、石垣市と名護市を除く9市で「世帯証」から「個人カード」への移行が進んでいる。

 「世帯証」は通院や旅行などで別々に保険証が必要となる場合に窓口での申請手続きが必要で、被保険者に過重な負担となるため、市は個人カード化に向けて9月3日付で同協議会に諮問。協議会は同月12日に審議し、この日答申した。

 答申で下野会長は「個人カード化することで被保険者証、高齢受給者証、特定健診受診券が一つに集約された一体型となるので、被保険者の立場に立った行政サービスの観点からも個人カード化は必要だ」と述べ、中山市長に答申した。

 中山市長は「市民の皆さんの利便性向上につながるので、市も個人カード化に向けて推進していきたい。健診の受診率改善につながることも期待している」と話した。

  • タグ: 国保保険証
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム