八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

小浜で厳かに結願祭 国指定重要無形民俗文化財

小浜島の結願祭で奉納された北集落のミルク=1日午前、嘉保根御嶽

小浜島の結願祭で奉納された北集落のミルク=1日午前、嘉保根御嶽

厳かに入場する西表島祖納のアンガー行列=1日午後、西表祖納の前泊海岸

祖納・干立では節祭
アンガー行列やオホホを奉納

 【西表・小浜】国の重要無形民俗文化財に指定されている西表島祖納・干立の「節祭(シチ)」と小浜島の三大行事の一つ、「結願祭」が1日、盛大に開かれ、祖納の「アンガー行列」や干立の「オホホ」、小浜の「ミルク」「福禄寿」など地域性豊かな芸能が奉納された。

 祖納・干立の節祭は500年以上の続く伝統行事。祖納公民館(古見代志人館長)の節祭は午前11時から公民館で「スリズの儀式」を行った後、前泊海岸にミリクや全身黒ずくめのアンガー行列が厳かに入場。狂言や棒、婦人の巻き踊り、ユークイ儀式などを奉納した。

 干立公民館(石垣長健館長)の節祭は午後1時すぎから干立御嶽前にある「前の浜」で「櫂の手(ヤフヌティ)」や「舟漕ぎ(パーリャ)」を奉納。境内では、大風呂敷に大金を持った独特の「オホホ」が登場し、会場を沸かせた。

 小浜公民館(宮里彦一館長)の結願祭は午前9時ごろから嘉保根御嶽で行われ、北集落がミルク、南集落が福禄寿を先頭に入場。勇壮な太鼓や棒、獅子を奉納。赤ふんどし姿の滑稽な「3人棒」もあり、観客の笑いを誘った。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム