八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

月夜の下で思いを熱唱 なかどぅ道ぬとぅばらーま祭

月明かりの下で思い思いにとぅばらーまを歌い上げた出演者ら=16日夜、平得のとぅばらーま歌碑前広場

月明かりの下で思い思いにとぅばらーまを歌い上げた出演者ら=16日夜、平得のとぅばらーま歌碑前広場

 「なかどぅ道ぬとぅばらーま祭」(同実行委主催)が16日夜、市内平得のとぅばらーま歌碑前広場で開かれ、小学生から一般、医師や元警察官など幅広い層が思い思いのとぅばらーまを歌い上げた。

 同祭は、八重山の叙情歌とぅばらーまを多くの人に親しんでもらい、島の伝統文化の継承に役立てようと、毎年旧暦8月十三夜に催される市主催の「とぅばらーま大会」の前夜に開かれている。

 「いずすどぅ主(歌う人が主人公)」をテーマに、コンテスト形式ではなく、誰でも気軽に参加できるのが特徴。

 蔵下芳久実行委員長は「とぅばらーま祭もことしで23年目を迎える。出演者一人ひとりの思うとぅばらーまを自由に歌ってもらい、観客の皆さんにも楽しんでもらいたい」とあいさつ。

 ステージでは初心者からベテランまで多くの人が出演し、とぅばらーまの曲に合わせた舞踊も披露された。

 会場には地域住民や民謡愛好者、観光客などが訪れ、月夜の下で歌い上げられるとぅばらーまを楽しんだ。

地図
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム