八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

福地さんが最優秀賞 高円宮杯中学英語弁論大会

高円宮杯第65回全日本中学校英語弁論大会八重山地区予選大会で最優秀賞に輝いた福地生和さん(中央)、島尻優楓さん(右)、砂川貴美さん=14日午後、市民会館中ホール

高円宮杯第65回全日本中学校英語弁論大会八重山地区予選大会で最優秀賞に輝いた福地生和さん(中央)、島尻優楓さん(右)、砂川貴美さん=14日午後、市民会館中ホール

優秀賞に島尻、砂川さん
10月の県大会に3人出場

 高円宮杯第65回全日本中学校英語弁論大会八重山地区予選大会(八重山地区中学校文化連盟、八重山地区中学校英語教育研究会主催)が14日午後、石垣市民会館中ホールで開かれ、福地生和さん(石垣第二3年)が最優秀賞、島尻優楓さん(同)と砂川貴美さん(伊原間3年)が優秀賞に選ばれた。3人は10月5日に那覇市の沖縄産業支援センターで開かれる県大会に地区代表として出場する。

 今年は石垣市8校、竹富町4校、与那国町1校から15人が出場した。

 最優秀賞の福地さんは「To achieve my dream」のテーマで、英会話について「完ぺきな文法でなくていい。伝えようという気持ちが大切だ」と強調。最後は「夢をかなえるためにこれからも努力していきたい」と結んだ。

 受賞に福地さんは「のどの調子が悪かったが、楽しみながら発表できた。県大会ではきょう以上に良いスピーチができるように発音などの練習を積みたい」と抱負を語った。

 漢那ひとみ審査委員長は「全員に賞をあげたいほど素晴らしかった」と評価する一方、「息継ぎの仕方や間の取り方の工夫、自分の思いをいかに上手に伝えられるかがポイント」などと講評した。

 結果は次の通り。

 ▽最優秀賞=福地生和「To achieve my dream」

 ▽優秀賞=島尻優楓「Challenging is my life」、砂川貴美「koko's Belief」

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム