八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

白保の東川平さんが優勝 全島とぅばらーま大会

第17回全島とぅばらーま大会で優勝を飾った東川平成人さん(中央)=14日夜、那覇市民会館

第17回全島とぅばらーま大会で優勝を飾った東川平成人さん(中央)=14日夜、那覇市民会館

八重山郷友連の15周年記念大会

 【那覇】第17回全島とぅばらーま大会(主催・在沖八重山郷友会連合会)が14日夜、那覇市民会館大ホールで開催された。舞台では、8月の予選を通過した18人が郷土への思いなどを伸びやかに歌い上げ、審査の結果、石垣市白保出身の東川平成人さん(38)が優勝を飾った。今年は、同連合会(赤嶺武会長)の創立15周年記念大会と位置づけられ、郷友を中心にした満員の観衆が組織の節目にも思いをはせながら会場いっぱいに響く歌声に耳を傾けていた。

 全島とぅばらーま大会は、八重山を代表する叙情歌であるとぅばらーまの継承と普及発展を目的に、同連合会が2年に1度開催している。

 今大会は2部構成の舞台で、第1部は優勝を目指す18人が、男女の恋愛や郷里、風土への思いをとぅばらーまに乗せて切々と歌い上げた。歌の節々には観衆から大きな拍手と指笛も寄せられた。

 第2部は、石垣、白保、与那国の地域ごとで異なる歌い方、創作舞踊が披露され、歴代優勝者も舞台に立った。特別ゲストで、県指定無形文化財八重山古典民謡技能保持者の宮良康正さんと大工哲弘さんも味のある歌声で観衆を魅了した。

 優勝した東川平さんは、昨年の糸満とぅばらーま大会でも優勝し、今大会は4回目の挑戦。遠くから故郷に寄せる思いを表現した歌詞を歌い上げた。17日に新栄公園で開催される市主催大会にゲスト出演する。

 表彰後は「八重山を強く思う気持ちが通じた」と振り返り、「地元の大会にも出て、ずっと歌い継いでいきたい」と思いを新たにしていた。

 大会長の赤嶺会長は「出演者の半数が県外出身。とぅばらーまの素晴らしさが広く伝わってきている」と述べ、実行委員長で同連合会副会長の浜善栄さんは「男女ともに個性豊かな歌で最高だった」と話した。

 入賞者は次の各氏。

 ▽優勝=東川平成人(石垣市白保)▽2位=赤嶺七三夫(石垣市白保)▽3位=山本藍(高知県四万十市)▽努力賞=山根安行(石垣市宮良)▽奨励賞=杉田園(滋賀県草津市)

  • タグ: とぅばらーま
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム