八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

自衛隊配備「強く推し進める」 与那国町議会

13日開会した与那国町議会9月定例会

13日開会した与那国町議会9月定例会

外間町長が3期目の所信表明

 【与那国】与那国町議会(前西原武三議長)の9月定例会が13日開会し、8月11日に執行された町長選で3選を果たした外間守吉町長が所信表明演説を行った。その中で外間町長は「三度、町政をあずかることになった。皆さんから選ばれているという責任と使命を常に心に刻み、大切な与那国の発展と繁栄、町民の安心・安全を守るため、全力で頑張っていく」と3期目の決意を示した。

 所信表明では自衛隊配備には触れなかったが、施策で「自衛隊配備を強く推し進め、自衛隊への町有地賃貸で発生した財源を活用し、小中学校の給食無料化や妊産婦の島外渡航費の完全軽減などに取り組む」と明記してある。

 今後の町政運営については「これまで2期8年間の成果を踏まえ、私たちがいきいきと働くことのできる町の再生と発展に向け、活力と心豊かな『どぅなんちま』の実現に向けたさまざまな施策を、3期目に段階的に実現できるよう努力する」と述べた。

 町人口の減少では「深刻な問題であり、過疎対策の根本は持続的な社会、文化、環境を維持できるかどうかにあると考えている」と危機感を示したが、具体的な解決策については触れなかった。

 また「経済的には民間の需要だけで、島の経済を維持するのは困難と認識している。立ち遅れている生活基盤を政策的に整備していく必要があり、公共事業の重要性はさらに増していると言わざるを得ない」とし、3期目の政策の重要課題と位置付け、取り組む考えを示した。

 まちづくりでは「今後も子どもたちの将来に希望を与え、子どもから高齢者まで町民すべての皆さんが、生き生きと安心して暮らすことのできるまち『活性化するどぅなん』を実現し、まちの発展に取り組むべく、新たな決意と覚悟を持って、各種施策に取り組んでいく」と地域活性化に意欲を示した。

地図
  • タグ: 与那国町議会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム