八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

AED48isgがデビュー 市消防

「救急の日及び救急医療週間」の出発式でデビューしたAED48isgのメンバー=8日夕、アルルタウン

「救急の日及び救急医療週間」の出発式でデビューしたAED48isgのメンバー=8日夕、アルルタウン

市民救急Sの普及活動展開

 「救急の日及び救急医療週間」(8-14日)の出発式で、歌とダンスで市民救急ステーションの普及活動を行うダンスボーカルユニット「AED48isg」(18人)がデビューした。ステージに登場したメンバーは、石垣市消防署の職員が作詞作曲した「レッツ・レジスター」を披露、明るく軽快な歌とダンスで会場に詰めかけた観客を楽しませた。

 リーダーの上里ほのかさん(八重高2年)は「八重高ダンス同好会のメンバーが多い。小中学生もいて難しい振り付けがマスターできるか不安だったけど、みんなかわいい笑顔で頑張った」と感想を述べた。

 田福真美さん(同2年)は「緊張しなかった。お客さんの数におどろいたけど、楽しかった。自分自身もAEDの知識を吸収し、口でも説明できるようになりたい」と抱負を語った。

 新里梓さん(同2年)と新城幸花さん(同1年)は「元気に自分たちらしく臨んだ。振り付けはパートに分けて、みんなで考えた。今後は各事業所を回って(AEDを)宣伝し、仲間を増やしたい。自分たちのルールはメンバー同士、気を使わないこと」と述べた。

 プロデューサー役の市消防署第1警備係の松田幸弘さんは「自分の子を進学させるような、嫁にやるような気分」と心境を話し、今後もさまざまなイベントに出演させ、2次募集などの展開も考えているという。

 衣装を制作した小浜まどかさん(29)は「AED普及が目的なので、命を救う消防の制服をイメージした。メンバーには衣装の仕上げはあなたたちの笑顔と伝えた。衣装から使命を感じてほしい」と期待を寄せた。

 AED48isgは同日、一日救急隊長も務めた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム