八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

きょうAED48デビュー

「救急の日」出発式でデビューするAED48のメンバー=7日午後6時ごろ、市民会館中ホール

「救急の日」出発式でデビューするAED48のメンバー=7日午後6時ごろ、市民会館中ホール

「救急の日」の出発式で

9月9日の「救急の日」にちなんだ出発式が8日午後5時から、アルルタウン広場で行われ、小中校生の女子18人で構成するダンスボーカルユニット「AED48」がうたとダンスでAEDと市民救急ステーションをPRする。

 当日はステーションの認定証交付、消防職員による寸劇のあと、AED48が登場。消防職員が作詞作曲した「レッツ・レジスター」を初披露する。

 メンバーは8月から取り組みを開始。振り付けを考え、曲に合ったダンスを創作した。前日の7日は午後5時すぎから市民会館中ホールでリハーサルを行い、本番に備えた。

 リーダーの上里ほのかさん(八重山高校2年)は「思っていた以上に完成度が高くなっており、明日はそれを発揮したい。これまで困難もあったが、一生懸命練習してきたので、AEDを知ってもらいたいのでより多くの人に来てもらいたい」と話した。

 プロデューサー役を務める市消防署第一警備係の松田幸弘さんは「AEDと市民救急ステーションの説明を交えた、ユーモアのある職員の寸劇もある。イベントを見る軽い気持ちで多くの市民にきてほしい」と呼びかけている。

  • タグ: 消防
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム