八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

荒天で出漁できず

台風15号通過後も熱帯低気圧の影響でしけの状態が続いており、多くの漁船が陸揚げされたままとなっている=1日午前10時すぎ、新栄町

台風15号通過後も熱帯低気圧の影響でしけの状態が続いており、多くの漁船が陸揚げされたままとなっている=1日午前10時すぎ、新栄町

漁協セリ中止続く
波照間便も欠航

 八重山地方は、台風15号の通過後も強風や波浪など荒れた天気が続いており、漁業や海上交通の一部に影響が出ている。八重山漁協は8月29日からセリが行えず、波照間航路は同月28日から欠航が続いている。与那国島北方にある熱帯低気圧は1日、東北東にゆっくり進み、台風に発達する見込みとなっていることから、影響が長引く恐れがある。

 台風15号は28日から29日にかけて接近して遠ざかったが、その後も熱帯低気圧の影響で強風や波浪の注意報が出続けている。石垣島地方気象台は「波がすぐに落ち着くことはなく、あと2、3日ぐらい続くのではないか」との見方を示しており、海上はしけの状態が数日間続く見通しだ。

 八重山漁協のセリ市場は8月29日以降、31日の定休をはさんで4日連続でセリにかける鮮魚の水揚げがなかった。市場販売課の友利邦明係長は「今後も熱帯低気圧が心配」と表情を曇らせた。

 各漁港にはロープで固定されたままの漁船が目立つ。マグロはえ縄漁船の乗組員は「1週間くらいは出漁していない」と嘆息し、一本釣り漁業者の一人は「一本釣りは、お盆が明けてから2日間しか出漁していないのではないか。最近は(八重山の)すぐ近くで熱帯低気圧や台風が発生するので、予想がしにくく出漁するのが怖い」と話した。

 セリ市場の仲買人は「きょうは出漁できると聞いていたが、熱帯低気圧が発生したと聞いてがっかり。鮮魚が全くなく、スーパーにも納品できない。早く天気が回復してほしい」と望んだ。

 一方、海上交通は、石垣島と波照間島を結ぶ航路で旅客船が8月28日から全便欠航の状態。貨客船が運航しているため生活物資には影響がないようだが、観光客らが足止めされるなど、人の移動に支障をきたしている。旅客船の欠航を受け、安栄観光は2日、臨時のフェリーを運航して対応する。住民からは「飛行機もあれば助かるのだが」と航空路の復活を望む声が挙がっている。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム