八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

消火活動など体験

防災教室で消火作業を体験する参加者=1日午後、石垣消防本部川平出張所

防災教室で消火作業を体験する参加者=1日午後、石垣消防本部川平出張所

川平で初の防災教室

 石垣市消防本部川平出張所(川満陽一所長)による初の防災教室が1日午後、同出張所であり、住民20人余りが参加した。

 9月1日の「防災の日」にちなみ、家庭でできる防災やインターネットを利用した防災情報の活用法を学ぼうと開かれた。

 講話の中で川満所長は「(地震発生時の)1~2秒間は何もできない。最初の一撃から身を守ることが必要」と話し、家具の固定、避難の際には3日分の食料と1日2~3㍑の飲料水が必要-とアドバイスした。

 ネットを用いた防災情報の活用では、NPO八重山ハザードマップ研究会会長の十河学さんが被災地で役立った情報ツールとして、フェイスブックの災害用伝言板、Googleパーソンファインダー(安否情報)などを紹介。「ふだんから使い慣れることが大事」と強調。避難地などを集約した八重山ハザードマップの利用も勧めた。

 後半は救急や救助、消火活動を体験。非常食の試食も行われた。

 安西沙耶さん(29)は「女性でもできることが多くあることが分かり、とても勉強になった」、清水喜八郎さん(58)は「消火栓にホースを接続した消火活動は初の体験。防災への意識が高まった」と話した。

  • タグ: 防災
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム