八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

市民や観光客でにぎわう 10カ月ぶりの石垣島夜市

じゃんけん大会に一喜一憂する人たち=24日午後8時50分ごろ、市役所第2駐車場

じゃんけん大会に一喜一憂する人たち=24日午後8時50分ごろ、市役所第2駐車場

 石垣市商工会青年部(金城球二部長)主催の第7回夜市は24日夜、市消防跡地の市役所第2駐車場で開催され、観光客や市民ら大勢の人たちでにぎわった。

 10カ月ぶりの夜市は、路上から駐車場に場所を移し、内容を充実させた。舞台ではライブが行われ、飲食、物販・体験の各ブースに人だかりができた。

 3人前を完食する早さを競う初の八重山そば早食い大会では、昨年12月から石垣島に暮らしている千葉県出身の赤石元貴さん(35)が優勝、荷川取食品提供のそば1年分73㌔がその場でプレゼントされた。「地元の人に勝てるとは夢にも思わなかった。感無量」と話した。

 じゃけん大会で市商工会の我喜屋隆会長に勝ち続けた浦崎琉生(るい)君(登野城小2年)は、10万円相当の商品を射止めた。母親の久美子さん(29)は「ラッキー」と大喜びだった。

 我喜屋会長は「これまでは交通規制の許可など面倒な手続きがあったが、いい場所がみつかった。今回はいろんな団体が協力した。今後も何らかの形で継続ができるよう、みんなで盛り上げてもらいたい」と望んだ。

地図

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム