八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新聞の休刊日に「旧十六日祭」「旧盆」があるのは…

新聞の休刊日に「旧十六日祭」「旧盆」があるのは、新聞協会加盟社の中でも唯一本紙だけだろう▼それを自社のカレンダーにも表記し読者にも配って周知を図っている。本土からの移住者も初めはとまどいながらも、そのうち慣れて、祖先崇拝の島の習わしなら仕方あるまいと黙りを決め込んでいらっしゃるようだ。違いますか?▼その旧盆を前に墓掃除に出かけた。都度思うのだが本当に私たちは、ご先祖を大事にしているのだろうか。しているなら各家の墓はいつもきれいに管理されていてよさそうだが普段見る限りでは、周りの草は伸び放題、茶わんは茶渋がこびりつき、花生けは何カ月も前に供えたであろう花が枯れてお辞儀したまま▼家に年寄りがいて、それ彼岸だ、誰それの月命日だとお墓詣でを勧めない限り、島の過半の墓は旧十六日祭と、旧盆と突発のお葬式以外には掃除されることもなく捨て置かれているのが現状▼周りには無縁墓も増え始めている。親族が遠隔地に移り住んで放置され、やぶの中に埋もれている墓もある。立派な墓を祖先から継承したものの子どもがなく、先行きを心配している知人もいる▼生まれ年に当たっている人はみだりに墓に行ってはいけないなどの風習が都合よく解釈され、私たちにとって墓がますます疎遠になっているなら問題だ。(仲間清隆)

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム