八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

真喜良サンウェーブAと少年武蔵がアベックV JC杯少年野球

宮古島開催

 宮古島市で開催された第35回JC杯少年野球大会(宮古青年会議所主催)は5日、決勝戦を行い、八重山から出場した真喜良サンウェーブA(高学年の部)と少年武蔵(低学年の部)が見事優勝を勝ち取った。真喜良は2002年以来、2度目、武蔵は初めての優勝。

 高学年の部殊勲賞に仲間歩夢(真喜良サンウェーブA)、低学年の部殊勲賞に玉木聖也(少年武蔵)、丸勝賞に比嘉優(少年武蔵)が輝いた。

 4、5の両日行った八重山勢の試合結果は次の通り。

 ▽高学年の部

 【準々決勝】

真喜良サンウェーブA

220 000︱4

000 100︱1

少年武蔵

(真)親里-玉代勢

(武)下地・山城-田里

▽二塁打=鳥海(武)

少年スネーク

410 11︱7

000 00︱0

八島マリンズ

(ス)西里・宮良-下地

(八)上地・内間圭-島袋

▽本塁打=西里(ス)

▽二塁打=上地(ス)

伊良部ガッツ

100 00︱1

210 4×︱7

少年Z

(伊)仲村渠・川満・佐久田大-佐久間一

(Z)下地-高那

▽三塁打=高那、砂川(Z)

▽二塁打=佐和田(伊)

 【準決勝】

少年スネーク

00 000 200︱2

01 000 101︱3

真喜良サンウェーブA

 (延長特別ルール)

(ス)砂川-下地

(真)仲間・親里-玉代勢

▽三塁打=仲間(真)

▽二塁打=下地、黒島×2、砂川(ス)

鏡原

100 010 1︱3

000 000 0︱0

少年Z

(鏡)伊佐・花城-花城・伊佐

(Z)西平-高那

▽三塁打=池村(鏡)

▽二塁打=池村(鏡)、下地(Z)

【決勝】

鏡原

002 020︱4

300 04×︱7

真喜良サンウェーブA

(鏡)伊佐-花城

(真)仲間-玉代勢

▽二塁打=伊佐(鏡)、高良、中山(以上真)

▽殊勲賞=仲間歩夢(真)▽敢闘賞=伊佐龍之介(鏡)▽打撃賞=伊佐龍之介(鏡)▽丸勝賞=野原未輝(鏡)

 ▽低学年の部

 【準々決勝】

上野オリオンズ

020 0︱2

211 ×︱4

少年武蔵

(4回タイムコールド)

(上)宮国-久高・下地

(武)玉木-比嘉

ブルースネーク

136 6︱25

000  ︱0

伊良部ガッツ

  (3回コールド)

(ブ)大宜味-赤池

(伊)島袋慧-塩川

▽本塁打=黒島×2(ブ)

▽三塁打=小禄(ブ)

真喜良サンウェーブB

220 0︱4

002 0︱2

東少年ヤンキース

(4回タイムコールド)

(真)内間-入米蔵

(東)佐和田-阿波根・佐藤

 【準決勝】

ブルースネーク

000 21︱3

402 1×︱7

少年武蔵

(ブ)黒島-赤池

(武)比嘉-下地

▽二塁打=東田盛、山城、上田(以上武)

真喜良サンウェーブB

000 0︱0

301 ×︱4

南ファイターズ

(4回タイムコールド)

(真)入米蔵・内間-松川・入米蔵

(南)濱川-国吉

※濱川ノーヒットノーラン達成

▽三塁打=新里(南)

 【決勝】

少年武蔵

001 00︱1

000 00︱0

南ファイターズ

(武)玉木・比嘉-下地

(南)濱川-国吉

▽殊勲賞=玉木聖也(武)▽敢闘賞=新里勇人(南)▽打撃賞=濱川幸汰(南)▽丸勝賞=比嘉優(武)

  • タグ: 野球
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム