八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

アットホームに総会楽しむ 東京波照間郷友会

舞台の余興などで盛り上がった東京波照間郷友会の定期総会=江東区の森下文化センター、7月28日舞台の余興などで盛り上がった東京波照間郷友会の定期総会=江東区の森下文化センター、7月28日
前石野会長を再選

 【東京】東京波照間郷友会(前石野勇会長)の定期総会が7月28日、都内で開かれた。役員改選では前石野勇会長を再任した。前石野会長は「今年からは会員の生年祝いの報告も検討していきたい」と新たな試みについて表明し、早速巳(み)年の内間恒雄さんと嘉良茂樹さん、大嶺高仁さん、田中ちさ子さんを紹介した。

 

 祝宴は「波照間節」で座開きし、東京白保郷友会から友情出演の米盛美知子さんによる舞踊や「まみどーま」などがあった。恒例の「波照間校歌ダンス」では愉快に盛り上がった。

 「波照間島方言クイズ」では「タニマギ(種まき)」、「パマ(浜)」、「サブ(白保)」、「ボーマ(大浜)」などの出題があった。

 

 総会は、多数の郷友が年に一度の再会を楽しむ場。「毎年楽しみにしている」という静岡県在住の藤ケ谷光吉さん(65)からは、一本釣りされたマグロの刺し身の差し入れもあり、旬の魚や故郷の酒を味わいながらのアットホームで楽しい会だった。

  • タグ: 郷友会
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム