八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

【与那国町長選】町政奪還に意欲示す 崎原後援会が決起大会

決起大会で支持者とともに「頑張ろう」を三唱した崎原氏(中央)=7月31日午後9時ごろ、祖納の崎原氏自宅に隣接する広場

決起大会で支持者とともに「頑張ろう」を三唱した崎原氏(中央)=7月31日午後9時ごろ、祖納の崎原氏自宅に隣接する広場

自衛隊誘致反対を強調

 【与那国】6日告示、11日投開票の与那国町長選挙に立候補を予定している崎原正吉氏(65)=与那国改革会議議長=の後援会(安里与助会長)は7月31日夜、同町祖納の崎原氏の自宅に隣接する広場で決起大会を開いた。崎原氏は「この8年間の冷え切った行政をまた4年間繰り返させるわけにはいかない」と、町政奪還に意欲を示すとともに「自衛隊誘致では国境の町は発展しない」と、自衛隊に頼らず、自立ビジョンの再構築による町の振興を強調。支持を訴えた。

 決起大会では、安里後援会長が「風光明媚(めいび)な与那国を誇り、明るい未来を次世代の子や孫に残していくことは私たちの責任。悪政に終止符を打ち、与那国の将来のためにも崎原さんを当選させよう」とあいさつ。

 高嶺善伸県議と赤嶺政賢衆院議員、糸数慶子参院議員、田里千代基町議、イソバの会共同代表の狩野史江さん、稲川宏二さん、女性部代表の請舛姫代さんが「36年間の長い行政経験を生かし、他力本願ではなく『自立ビジョン』をもって町の振興を図る崎原さんに力を貸してほしい」、「自衛隊誘致で発展した地域は日本のどこにもない。与那国は豊かな自然や資源を生かした振興策を考えるべきだ」とあいさつし、支持を訴えた。

 崎原氏は「この8年間の冷え切った行政をまた4年間繰り返させるわけにはいかない。与那国の未来を明るいものに変えていくためにも皆さんと戦いながらこの選挙戦を勝ち抜きたい」と決意を表明。「町民の意見に耳を傾けず、無視する現町政を許してはいけない。公正公平な行政が必要」と現町政を非難し、選挙戦への協力を呼びかけた。

 最後は、青年部代表の大嵩長史さんの音頭で「頑張ろう」を三唱した。

  • タグ: 与那国町長選
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム