八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣市で巡回ラジオ体操 健康づくりに2000人

22954.jpg

 「今朝のラジオ体操は沖縄県石垣市からの放送です」。夏期巡回ラジオ体操・みんなの体操会(主催・(株)かんぽ生命保険、NHK、NPO法人全国ラジオ体操連盟、共催・石垣市)が27日早朝、石垣市中央運動公園陸上競技場で行われた。子どもからお年寄りまで2000人(市発表)が参加し、ラジオ体操を通して、健康づくりに励んだ。  会場には午前6時の開場から続々と参加者が訪れ、体操の仕方や声の出し方など入念なリハーサルを行って午前6時半開始の本番に臨んだ。指導はNHKテレビ・ラジオ体操指導者の西川佳克さん、ピアノは名川太郎さんが担当。

 放送開始の音楽が流れたあと、全員で「おはようございます」と元気なあいさつ。西川さんが「石垣市は今年3月7日に新石垣空港が開港した。島人の元気の源は石垣島マラソン、石垣島トライアスロンなどさまざまスポーツ大会に市民の多くが参加していること。スポーツアイランド石垣島は今年、ラジオ体操で島が元気、人が元気な健康づくりを目指していきます」と紹介した。  ラジオ体操の歌をみんなでうたったあと、体を思い切り動かした。放送後は、正しいラジオ体操のポイントについて指導を受け、「正しいラジオ体操をすると、かなりの運動になる」と意外な発見に驚く人も多かった。  おはようジョギングクラブの金城トミさん(83)、糸数文子さん(84)は「月水金はラジオ体操をしており、きょうは大勢の人たちと一緒だったので楽しかった」と話した。  名護市から妻の実家に里帰り中の小浜守裕さん(39)は家族と両親ら7人で会場に足を運び、「ちょうど、いいくらいの運動」と苦笑い。  夏休みを利用して母親の実家に滞在中の隈本悠樹くん(7)は眠い目をこすりながら、従兄弟(いとこ)と参加。「楽しかったので福岡に戻っても、体操を続けたい」と笑顔だった。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム