八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

きょう「土用の丑の日」 うなぎを食べ夏バテ防止

22904.jpg

 22日は「土用の丑の日」。市内のうなぎ専門店では土用丑を前に仕込み作業と、一足早くうなぎを食べる客の対応に追われていた。  日本では古くから、暑い時期を乗り切るため栄養価の高いうなぎを食べる習慣がある。 うなぎはビタミンが豊富で皮にはコラーゲンも含まれ、夏バテ防止や疲労回復、美肌にも効果があるという。  しかし、うなぎの稚魚(シラスウナギ)の不漁も影響し、土用丑を前に取引価格が高騰。流通量も少ないため、入手が困難な状況にある。仕入れ価格は昨年と変わらないが4年前と比べると約2・6倍に上昇しているという。  市内新川の舟蔵の里内にあるうなぎ専門店「只喜」(元村良代表)では、宮崎産と鹿児島産のうなぎを通常の5~6倍入手。サイズも一番おいしいとされる4Pサイズ(25~30センチ)にこだわって取り寄せた。  元村代表は「うなぎが不足しているなか、なんとか確保できた。値段も通常どおりでがんばる。専門店として一番おいしいものを安心安全に提供する」と話した。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム