八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

航空運賃の低廉化を目指すスカイマーク社が…

 航空運賃の低廉化を目指すスカイマーク社が10日、石垣—那覇、神戸、成田で就航。那覇線の1日4往復8便をはじめ、神戸、成田に1日1往復2便運航する▼国内での就航先は北海道旭川から南ぬ島石垣空港まで29路線。那覇からは、福岡、神戸、名古屋、羽田、成田、茨城の6空港に運航。低価格で国内の主要都市を結ぶ、航空ネットワークができている▼石垣発着便の運賃は、那覇便が当日運賃で片道5000円、神戸、成田が最安で1万2800円。那覇便はJTAやANAが1日前までの運賃をス社以下に引き下げ、価格で対抗しているが、ス社の予約便が変更可能というのは強みだ▼初日に神戸空港から来島した女性2人組は、食事の席で「南の島へ行こう」ということになり、携帯で調べて料金が安かったから即、予約した。という▼当日購入できる普通運賃が格安なス社ならではの事例だろう。これまで料金面で二の足を踏んでいた本土への旅行も、本島への旅行感覚で気軽さが加わりそうだ▼ス社の石垣就航に合わせ、国内線はス社しか就航していない茨城空港応援団長の狩野平左衛門岳也氏が来島。ス社を使った石垣と茨城の観光交流をPRした。ス社、先に就航したLCCのピーチ。各安運賃を組み合わせた旅行の楽しみも増えそうだ。(下野宏一)

ページ移動

キーワード検索フォーム