八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

医師不足は深刻

 耳鼻咽喉科が1日から休診となり、医師確保の課題が改めて浮き彫りになった県立八重山病院。依光たみ枝院長が就任して3カ月たつが、仕事の半分以上を医師確保に費やしているという。それほど、離島病院の医師不足は深刻。新病院の建設を前に、人材確保の仕組みづくりが優先される。医師がいなければ、病院は機能しないのだから。  「星空学びの部屋」を報道陣に公開した石垣島天文台。口径40センチの天体望遠鏡を見学したところ、同望遠鏡の設置場所は登野城漁港から竹富島、名蔵湾、名蔵地区の電波天文台まで一望できる絶景。天体だけでなく、景観を鑑賞に来る観光客にも人気のスポットになりそうだ。  地域の警察官が学校を回り情報交換するゆいまーる活動が新しくスタートした。情報交換会で警察官は携帯電話を使ったインターネット犯罪に巻き込まれないように訴えていた。教諭によると生徒のほとんどが親の携帯で連絡を取り合ったりネットで遊んだりしているという。親の携帯にもフィルタリングが必要?

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム