八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

8月3日に星空観望会 ライトダウンを強化へ

南の島の星まつり

 南の島の星まつり実行委員会(委員長・中山義隆市長)は26日、星まつりを8月3日から2日間、開催すると発表した。メーンイベントの「ライトダウン星空観望会&夕涼みライブ」は3日、新港地区サザンゲート広場で午後5時から。4日は講演会と婚活イベントの星空コン(ANAインターコンチネンタルリゾート)を計画。旧暦七夕(8月13日)ウイークとして8月10日から18日の間、石垣島天文台に整備された「星空学びの部屋」の4Dシアターが公開される。  今年で12年目。ここ数年はライトダウンが十分でないことから取り組みを強化する。協力依頼のほか、夏休みの自然観察として児童が色塗りして星座をつくってもらう取り組みも展開する。家族で参加できるイベントを目指す。午後8時半から1時間、消灯したり、カーテンをしたりして光を屋外に漏らさないよう協力を求めていく考えだ。  七夕ウイーク期間中はVERA観測局特別公開、プラネタリウム(石垣港離島ターミナル内)、天体観望会(石垣島天文台)も予定している。

  • タグ: 南の島の星まつり
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム