八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「カピバラはどうなったんだろう」。先日…

 「カピバラはどうなったんだろう」。先日、市内平田原で1期米の取材中に、取材記者内でその話題が出た。今年、3月末に新川川周辺で目撃され、その後、目撃情報がなく行方不明だ▼カピバラは、南アメリカ東部アマゾン川流域を中心とした温暖な水辺に生息するリスやネズミと同じ齧歯(げっし)目の仲間。最大で体長135センチ、体重65キロにまで成長する。草食性で性格は穏やか。人にも懐くことから人に危害を加えることはないが、ネズミに似た容姿でこの大きさだけに突然見たらビックリするだろう▼新川川で目撃されたカピバラは、どうやら近くの動植物園で飼われていた物が逃げ出したようだ。幸い逃げ出したのが1匹だけで、繁殖の可能性はない。ただ、近くに平田原の水田地帯があるだけに、食害が気がかりだ▼それにしても島内では、外来生物が多すぎる。平久保半島を中心に繁殖が確認されているグリーンイグアナをはじめ、島内全域に生育が広がったオオヒキガエル、キジ、クジャク…▼いずれも気候が温暖で自然が多く、しかも外敵がいない絶好の生育環境下で繁殖し、島内の生態系や農作物などに影響を与えている▼外来生物をペットとして飼う人は、野生化した場合のさまざまな影響も考え、十分な管理を心がけてほしいものだ。(下野宏一)

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム