八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

台湾漁船を無許可操業で拿捕 波照間東沖のEEZ

協定発効後2件目

 【那覇】水産庁は21日午前、日台漁業協定適用水域外で竹富町波照間島東沖の日本の排他的経済水域(EEZ)で違法操業していたとして、台湾のはえ縄漁船を拿捕(だほ)し、船長の陳瑞明容疑者(チェンロェイミン、57)を漁業主権法違反(無許可操業罪)で現行犯逮捕した。船長は容疑を認め、同日午後に釈放された。同水域は、14日にも別の台湾漁船が拿捕されたばかり。同協定発効後の拿捕、外国漁船の拿捕ともに今年2件目。同日に沖縄総合事務局が発表した。  沖縄総合事務局によると、水産庁の漁業取締船「東光丸」(2071トン)が20日午後11時47分ごろに波照間島灯台から東約136キロの日本のEEZで警戒にあたっていたところ、台湾漁船の操業を確認。21日午前1時36分に船長を現行犯逮捕した。  その後は船上で取り調べを実施し、漁業主権法違反に基づく罰金の支払いを保証する担保金が確認できたため、同日午後2時46分に釈放された。  拿捕されたはえ縄漁船は高雄船籍「瑞明發」(ロェイミンファ、37.07トン)で、乗組員は船長含む6人。  拿捕された場所は、日台漁業協定適用水域の境界線から南に約150キロ。台湾が主張している暫定執法線も越えていた。

  • タグ: 台湾漁業
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム