八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

観光客7万9539人 4年ぶり7万人超

新空港開港が奏功
 3月7日の新石垣空港開港を受け、3月の八重山への入域観光客数が前年を2万743人(35.3%)上回る7万9539人にのぼることが県八重山事務所のまとめで分かった。3月の入域観光客数が7万人を超えたのは2009年以来4年ぶりで、過去3番目の多さ。観光入域は昨年11月から5カ月連続で対前年同月を上回り、好調を維持している。観光消費額は55億円と推計された。  空路は7万7306人で前年比34.2%増。3月7日の新空港開港に合わせ「全国やいまぴとぅ大会」の開催や韓国航空会社2社、復興航空のチャーター便などが、好調な国内線の実績に加算された。海路は2233人で前年比84.7%増。スーパースターアクエリアス号とアマデア号の2隻のクルーズ船が寄港した。  行政区ごとの入域数は石垣市7万8982人(前年比135.3%)、竹富町12万6649人(同126.0%)、与那国町3052人(同91.4%)だった。
  • タグ: 入域観光客
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム