八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

台湾漁船を拿捕 日本EEZで違法操業容疑

協定発効後初
 【那覇】水産庁は14日午前、竹富町波照間島沖の日本の排他的経済水域(EEZ)で違法操業をしたとして、台湾のはえ縄漁船を漁業主権法違反(無許可操業)容疑で拿捕(だほ)し、船長の孫居民容疑者(51)を同容疑で現行犯逮捕した。船長は容疑を認め、同日午後に釈放された。日台漁業協定で操業を定める海域外だが、協定発効後の拿捕は初めて。外国漁船の拿捕としても今年に入って1件目。同日、内閣府沖縄総合事務局が発表した。  同局によると、13日に国内漁業者が石垣市水産課に連絡し、同事務局に情報提供があった。これを受け、水産庁の漁業取締船「東光丸」(2071トン)が13日午後11時14分、波照間灯台から東121キロ沖のEEZで操業している台湾漁船を確認。停船させて、漁業監督官が立ち入り検査したところ、違法操業が判明した。  はえ縄漁船は台湾高雄船籍の「正昌発2号」(48トン)で、乗組員は船長含む6人。  無許可操業は1000万円以下の罰金。逮捕後、船長は船上で取り調べを受け、同時に水産庁が連絡を取っていた台湾側から担保金が確認できたため、14日午後2時49分に釈放された。  沖縄総合事務局は、今後も水産庁と連携し厳正に取り締まっていくことにしている。
  • タグ: 台湾漁業
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム