八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

方言の敬語は難しい

 9日夜、八重山記者クラブのメンバーと日台共同利用水域の現場に行った。帰りは午前零時を過ぎていた。漁業無線から海人の会話が聞こえてくる。寝る時間に、真っ暗な海で働く人たちがいる。方言が飛び交うやりとりに耳を澄ますと、誰が年上で年下かが分からないことも。共通語の敬語もそうだが、方言の敬語はさらに難しい。  「黒糖の日」にJAファーマーズマーケットゆらてぃく市場で行われた黒糖づくり実演・無料試食会。多くの園児が黒糖づくりの見学に訪れたが、できたての黒糖に歓声を上げていたが、竹富町の観光マスコットキャラクター「ピカリャ~」が登場すると、園児らは黒糖にそっぽを向いてピカリャ~に一直線。  愛鳥週間がスタートし、市内の小学校では愛鳥の集いなどが開かれている。八重山は渡り鳥や、日本国内に生息していない希少な鳥の飛来も多いことから野鳥ファンには人気の地域となっている。その一方でカンムリワシやシロハラクイナが車などにひかれるロードキルが多発している。野生生物の命を守るためにもドライバーには交通マナーを守ってもらいたい。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム