八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

宮良辰さん(白保)が2位 八重山の1法人3個人受賞

 【那覇】2012|13年期で第37回県さとうきび競作会表彰式(主催・県糖業振興協会)が25日午後、那覇の沖縄産業支援センターで開かれ、八重山から1法人3個人が受賞した。県内各地区代表から選出する農家の部は、八重山代表の宮良辰さん(72)=石垣市白保=が2位となり、多量生産法人の部でサザンファーム(西大舛高旬社長)=竹富町西表=が1位となった。  競作会は、サトウキビの生産技術と経営改善の創意工夫があった模範となる農家を表彰し、農業従事者の生産意欲の向上と生産振興を図るもの。  宮良さんは10アール当たりの甘しゃ糖重量が2731キロ、しゃ茎重量が1万6960キロ、甘しゃ糖度が16.1度。サザンファームは生産量が79万4477キロ、甘しゃ糖度は15.23度。  宮良さんは「肥培管理はもちろん、雑草の除去にも常に気を配っている。これからも頑張り、県1位を目指したい」と意欲を見せ、サザンファームの西大舛高均取締役(37)は「肥培管理に加え、防虫対策も徹底し、品質向上を図っていきたい」と話した。  受賞者は次の通り。 【農家の部】  2位・農林水産省生産局長賞=宮良辰(石垣市白保) 【多量生産一般】  2位・県農林水産部長賞=山田隆一(竹富町波照間) 【同法人】  1位・農畜産業振興機構理事長賞=有限会社サザンファーム(竹富町西表) 【特別表彰】  県糖業振興協会理事長賞=長濱榮包(石垣市大浜)

ページ移動

キーワード検索フォーム