八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

手づくりイベントを満喫 静かな集落は音祭り一色に

石垣—上原欠航のなか、約600人が来場

 【西表船浮】船浮出身のシンガー・ソングライター、池田卓さんが企画・プロデュースする第7回船浮音祭り(主催・同実行委員会)が21日正午から、かまどま広場で開かれた。海上のしけで石垣〜上原航路が欠航したものの、この日は西表大原経由や特別チャーター便で約600人(主催者発表)が来場。人口37人の静かな船浮集落は音祭り一色に染まり、来場者らはステージや飲食バザーを楽しみながら地域住民手づくりイベントを満喫した。

 音祭りは船浮住民の結束を深め、地域活性化につなげることなどを目的に2007年からスタート。県の離島フェア2010で「島おこし奨励賞」、第3回(13年)全国・地域再生大賞優秀賞を受賞している。  ステージでは新川雅啓(キーボード)、国吉亮(ギター)をバックに池田さんが代表曲の「おれのふるさとへ」や「島の人よ」をはじめ、「デンサー節」や「まるまぼんさん節」などを熱唱。  司会のしんちゃん(津波信一さん)が独特の軽快なトークで観客を沸かせ、「The Waltz」のローリー・クックさんが「うーとーとー」など数曲を歌い上げ会場を盛り上げた。  ラストは出演者全員でアイランドの名曲「Stay With Me」を披露し、池田さんは「また来たいと思ってくれる人のためにも毎年続けたい」と来場者らに感謝を述べた。  この日は、海上のしけで石垣と西表上原を結ぶ航路が欠航。石垣からの観客の多くは船浮直行の特別チャーター便と、西表大原を経由し、高速船とバスを乗り継いで会場に到着。  会場の飲食バザーでは、イノシシ8頭を使って西表ならではのシシ汁やそばが大盛況。来場者は三線やマンゴー、パインが当たる抽選会で一喜一憂したり、ステージを楽しみながら思い思いに音祭りを満喫していた。

  • タグ: 西表島
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム