八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

地元観光業界と交流 近畿日本ツーリスト研修団が八重山入り

 近畿日本ツーリスト(KNT)の本年度沖縄現地研修旅行団の一行約60人が16日、石垣入りし、同日夜、市内のホテルでKNT八重山会(会長・花城吉治八重山観光フェリー社長)との懇親会が催された。一行は3泊4日の日程で石垣島と竹富町の各離島を巡る。  懇親会は同ツーリストの店頭販売スタッフや企画担当者などによる沖縄現地社員研修に合わせて、八重山の観光関係者が同社研修旅行団と親睦を深め、八重山をPRしようと毎年開いているもの。  花城会長は「島々の見どころや特徴を体験し、店頭でPRしていただいて1人でも多くの送客をお願いしたい」とあいさつ。川満栄長竹富町長は「八重山の島々の魅力を実感してほしい」と歓迎した。  沖縄現地研修団を代表してKNT個人旅行(株)中部事業部の笹生友広部長は「顧客への対面販売を強くしていくことをテーマに、少しでも顧客に喜んでもらえるように研修に力を入れていきたい」と意気込みを話した。  石垣市観光交流協会の宮平康弘会長の音頭で乾杯し、同社社員と八重山の観光関係者ら約45人が和やかに交流を深めた。

ページ移動

キーワード検索フォーム