八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

産卵保護管理スタート 解禁で資源回復確認へ

保護区を2カ所変更
 石垣島と周辺離島の近海5カ所を産卵保護区に設定し、漁や釣りの自粛を求める八重山漁協の資源管理が4月から始まった。6月までの3カ月間、すべての魚種が“禁漁”となる。一方、今回から保護区を2カ所変更した。昨年までの取り組みで5年が経過していることから、どれくらい資源が回復しているのか、実際に漁をしてもらうことで成果を確認していく考えだ。  鳩間西と黒島南東のケングチを解禁し、西表西のトーシングチ、竹富島西のマサーグチを新たに設けた。従来の3カ所を含めた5カ所で5年間、資源管理が継続される。  保護区はいろんな魚の産卵海域となっており、漁協では「産卵場所を保護区に設定し、卵をたくさん産ませて魚を増やす」として遊漁船事業者や一般の釣り人の協力を求めている。保護区はブイで囲まれて目印としている。  解禁された2カ所では漁をすることができ、漁協は「漁業者に実際に漁をしてもらって効果を実感してもらいたい」と話している。データを出すのは難しいというが、保護区に設定される前と比較してもらう。
  • タグ: 保護水面漁業
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム