八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

家保新庁舎が完成 防疫体制の機能を強化

18日に竣工式
 老朽化に伴い、石垣市宮良ジャー原(八重山特別支援学校北側)の県有地に移転新築した県八重山家畜保健衛生所(多嘉良功所長)の看板設置式が2日午前10時から現地で行われ、県八重山農林水産振興センターの玉城肇所長と同家保の多嘉良所長が旧庁舎から移動した看板を新庁舎玄関口に設置した。  新庁舎は、大川の旧庁舎の老朽化と家保の機能強化を目的に建て替えられた。用地造成などを含めた総事業費は約2億8000万円。敷地面積は7400平方メートル、建築面積は793平方メートルで、旧庁舎と比べ、敷地面積で約3.5倍、建築面積で約2.8倍の広さ。  建物は鉄筋コンクリート造り平屋建て。口蹄(こうてい)疫などの特定管理疾病の発生時などに備え、より効率的かつ迅速な防疫体制が取れるようエントランスを挟み、一般利用の事務所棟と検査・実験棟が左右に独立して配置されている。  事務所棟には、同疾病発生時や地域畜産振興での活用に向け、100人規模の大会議室を設けている。また、検査機器の非常電源を確保するため、自家発電機を設置した発電室もある。  病原体などを検査する検査・実験棟には、約85平方メートルの検査・実験室のほか、大型の冷凍、冷蔵庫や資材備蓄倉庫、精液保存室、洗浄室などを配置。専用の出入り口を設け、一般利用と分離している。  看板設置後、同センターの玉城所長は「新しい施設で職員一丸となり、さらに八重山の畜産振興に取り組んでほしい。センターもバックアップしたい」と話した。  また、多嘉良所長も「新築した事務所で、職員一同気持ちを新たに八重山地域の畜産振興と特定管理疾病の侵入防止に努めたい」と決意を述べた。  竣工式は、今月18日に予定している。
  • タグ: 畜産
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム