八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

名蔵湾ヒルギ100本を植樹 ANA八重山7Days

 全日空(ANA)の新石垣空港開港記念イベント「八重山7Days」を締めくくる「マングローブ スカイ プロジェクト」が26日、名蔵湾で行われ、約100人以上の参加者がマングローブの植樹を行った。

 同イベントは自然環境の保護に向けてボランティア要素を盛り込み、同社社員、民間非営利団体(NPO)、地元住民と観光客が一体となって社会・環境活動に貢献することが目的。

 午前・午後に分かれて行われた植樹は崎枝半島付近の浜辺で行われ、宮古島でマングローブの植え付けなどを行っているマングローバル(岡田精一郎代表)やNPO花と緑の石垣島、市社会福祉協議会などが協力。

 崎枝小中学校と名蔵小中学校の児童生徒らも参加し、ビーチクリーンのあとに100本のヤエヤマヒルギを一つ一つ、丁寧に植え付けていった。

 このうち、名蔵小学校の赤嶺萌百伽さん(6年)は「名蔵アンパルではヒルギを植えたことがあるが、名蔵湾では初めて。10年後には大きくなってほしいと思って苗を植えました」と感想を話した。

ページ移動

キーワード検索フォーム