八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

どろんこで田植え楽しむ 地域のベテランが助っ人

地元の農業を体験
 【西表】西表小中学校(盛本哲夫校長)の田植え体験学習がこのほど行われ、児童生徒や学校職員、保護者、PTA賛助会員ら大勢人たちが参加した。  毎日のように風向きが変わる「ニングヮチカジマーイ(2月風回り)」の季節に苗もびっくりしたのか生育が早く、1日に行う予定を急きょ早めて行われた。  暖かい日差しのもと、子どもたちは手足を泥だらけにしながら腰を曲げ、慣れない姿勢で田植えを行った。  黙々と苗を植える子どもや、友人同士で競争する子ども、足や顔に泥をつけて遊ぶ子どもなど、それぞれのスタイルで田植えを楽しんでいた。  今年は田んぼの面積を増やしたため、時間がかかり、時には先輩たちからゲキも。保護者も懸命に苗を植えていた。祖納・干立地区で田んぼを作っている古見代志人さんら、たくさんの先輩たちが助っ人に加わり、田植えは無事に終了した。(曽根田容子通信員)
  • タグ: 西表小中学校西表島
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム