八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新石垣空港は、きょうの式典を経ていよいよ…

 新石垣空港は、きょうの式典を経ていよいよ7日に開港する。位置選定作業から紆余曲折の30年余、八重山郡民が待ち望んだ一番機が飛び立つ歴史的瞬間が、日刻々と近づいている▼開港式典の良き日に、本紙で2012年3月から連載された「テイクオフ新石垣空港」が、装いも新たに「新石垣空港物語」として出版された▼著者で本紙編集センター顧問・論説委員の上地義男氏は、同書で新空港問題は何だったのかと問いかける。あの日あの時、多くの先輩たちが怒り、傷つき、涙、万歳、歓喜した証言が苦難の歴史を物語る▼新空港問題が難航を極めた当時、県知事を務めた大田昌秀氏と稲嶺惠一氏は、開港に向けた本紙インタビューで八重山を沖縄の「宝」と表現。新空港の活用に大きな期待を寄せた▼新空港問題では過去に住民対立の辛い歴史があった。前石垣市長の大浜長照氏は、インタビューでこの点に触れ「みんなで祝ってほしい」とコメントした。これこそが苦悩と闘いの歴史に終止符をうつにふさわしい言葉だと思う▼新空港は、先輩たちが英知を結集し白保の海と宮良牧中の農地を破壊することなく、自然環境に配慮した施設であることを信じて疑わない。多くの人々の情熱がこもった新空港。八重山新時代の幕開けにふさわしい開港をみんなで祝いたい。(鬚川修)

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム