八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

南三陸町のポスト漂着 東日本大震災で流される

 西表島北東部のユチン川河口付近の海岸に郵便ポストが漂着し、4日夕、日本郵便局株式会社沖縄支社職員が回収した。ポストには「セブン 歌津」の文字があった。このため同社東北支社に確認したところ、2011年3月11日に発生した東日本大震災で宮城県南三陸町から流されたものだと分かった。ポストの中には何も入っていなかった。  同沖縄支社の島仲貞克総務・経営管理担当係長によると、ポストは昨年12月28日に住民が発見。西表島で沖縄県の回収事業などに携わっている日本エヌ・ユー・エス(株)が保管していた。  漂着したポストは高さ約60センチ、幅約33センチ、奥行き約45センチ、重さ約20キロ。塩害防止の塗装がされた柔鋼製。  宮城県本吉郡南三陸町歌津字管の浜のセブンイレブン宮城歌津店に設置されていた。ポストが置かれていた場所の周辺は現在、さら地になっている。  島仲係長は「これまで皆さんの思いや絆などの思いが詰まった手紙を受けてきた郵便ポストが、遠く離れた沖縄の地に漂着したことは感慨深いものがある」と話した。  東日本大震災で宮城県と福島県から253本のポストが流され、過去には北海道の三石町でも発見されている。  今回見つかったポストは東北支社に送られ、同社などでの展示を検討しているという。

ページ移動

キーワード検索フォーム