八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

最近、中国首脳が尖閣問題棚上げを提案している…

 最近、中国首脳が尖閣問題棚上げを提案している▼北京を訪れた公明党の山口那津男代表に対し中国共産党の王家瑞対外連絡部長は「これまで棚上げすることで中日友好が保たれてきた。今の指導者で解決できないとすれば後の世代に解決を託すこともある」と発言。また、習近平総書記は「立場の違いはあるが対話と協議によって解決していく努力が重要」と表明したという▼この「棚上げ」は実は40年前、日中関係の夜明けとなった当時の周恩来首相と田中角栄首相、鄧小平副首相と園田直外務大臣との間で合意されたものであり、そのおかげで平和がまがりなりにも維持されてきたのだ▼孫崎亨元外務省国際情報局長は、これは日本に管轄権を認める点や、軍事力で現状を変えないなどの点で事実上、日本に極めて有利に作用してきたと分析している▼さらにつけ加えると、人民日報の元評論員、馬立誠氏が新著で「歴史の恨みを乗り越え、民族主義を抑制し、中日の和解を実現すべきだ」と述べているという▼現時点における中国側からのこの提案を日本は真剣に検討するべきであろう。これこそ「自衛隊を駐留させよ」とか「軍事衝突も辞さない」などの無責任発言よりも何倍も現実的であり、八重山漁民・住民の安心へ直結する近道である。(八重洋一郎)

ページ移動

キーワード検索フォーム