八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

小中校10科目で県平均伸び率上回る 県学力到達度調査

5科目で平均正答率も
 石垣市教育委員会(高木健委員長)は29日、市立図書館で1月定例会を開き、2012年度県学力到達度テストの結果を発表した。県を100とした平均正答率の伸び率では、小中学校の13科目中10科目で県平均の伸び率を上回った。平均正答率でも5科目が県平均以上となり、市教委では「家庭学習や授業の取り組みの成果が出てきている」と話している。  同調査は昨年12月5~7日に中学2年、小学5年、同3年を対象に実施。中学2年は国語、数学、理科、社会、英語の5科目、小学校は国語AB、算数ABの4科目を受けた。  このうち、県を100とした平均正答率の伸び率では中学2年が国語で0.3ポイント、数学で17.3ポイント、理科で2.2ポイント、英語で0.8ポイントの4科目、小学5年が国語Aで2.3ポイント、同Bで5.2ポイント、算数Aで1.1ポイントの3科目、小学3年が国語Bで2.6ポイント、算数Aで1.2ポイント、同Bで9.9ポイントの3科目の計10科目で県平均の伸び率を上回った。  また、県平均正答率では、小学5年の国語Aで1.7ポイント、算数Aで2.0ポイント、中学2年の数学で0.1ポイント県平均を上回り、小学3年の算数A、中学2年の社会では県と同ポイントとなった。  定例会では、教育委員らが全体の結果を評価する一方、平均正答率で県平均を上回れなかったB問題について「点数を上げる手立てを考えていかなければならない」と指摘。  学校指導課の崎山晃課長は「意見を考え、言い合うことで思考力や読解力が付いていく。授業ではそういった取り組みが今後、必要になってくる」「県平均との差は縮まってきており、家庭学習や各学校の取り組みの成果が出ていると思う」と述べた。  玉津博克教育長は「冠鷲プロジェクトを始めて2年目で段々と成果が出ており、自信を持ち始めている」と話した。
  • タグ: 学力テスト
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム