八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

登野城字会が種子取祭 今年の五穀豊穣を祈願

 登野城字会(波照間永紘会長)の種子取祭が8日午後、小波本御嶽(クバモトゥオン)と稲為御嶽(イヤナスオン)で行われ、字会の役員や農業関係者が今年の五穀豊穣(ほうじょう)を祈願した。  午後2時からは、稲為御嶽で神司の石垣直子さんが「世願い」を行い、豊作を祈った後、出席者が車座になってアヨーやジラバ、ユンタなどを歌って奉納した。  波照間会長は「今年1年の字民の健康や五穀豊穣、字会の発展を願いたい。今年は葬祭の簡素化や防災と福祉のネットワークづくりに取り組みたい」と話した。  登野城の伝承では、タルファイとマルファイという2人の兄妹が、安南(ベトナム)のアレシンから稲の種を石垣島に持ち込み、稲作を島の人に教えたと伝えられており、稲為御嶽は妹のマルファイを祀った墓と言われている。

ページ移動

キーワード検索フォーム