八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

クジャク24羽を駆除 銃器使用で2回目

 【小浜】竹富町クジャク防除対策協議会(会長・宮良正章黒島公民館長)は11月27日夕方と同月28日早朝、小浜島の大岳周辺地区で銃器を使用したクジャク駆除を行い、前回(同月8日)の12羽を大幅に上回る24羽を駆除した。今月中旬に3回目を実施する。  県猟友会八重山支部内の町猟友会(河合正憲会長)の会員10人と町役場職員、八重山署小浜駐在など合わせて16人が参加。  町自然環境課では、駆除時間をクジャクの活動時間に合わせたことで駆除個体数が前回の2倍になったのではないかとみている。アルビノ種も2羽含まれていたという。  同課では「次回も安全管理を徹底し、住民からのクジャク目撃情報の聞き取りを強化するなど駆除個体数の向上を図りたい」としている。

ページ移動

キーワード検索フォーム