八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

クジャク12羽を駆除 対策協が小浜で初作業

 【小浜】竹富町クジャク防除対策協議会(会長・宮良正章黒島公民館長)は8日、小浜島で初めて、銃器を使用したクジャク駆除を島内大岳周辺地区で行い、幼鳥を含む計12羽を駆除した。  駆除作業は、県猟友会八重山支部内の町猟友会(河合正憲会長)会員11人と町役場職員、八重山署小浜駐在など計18人で行った。  町自然環境課の白保隆男課長は「次回は早朝や夕方などクジャクの活動が活発になる時間帯に合わせた駆除の実施や猟犬を増やすことも検討し、駆除個体数の向上を図りたい」と語った。駆除は、来年1月まで計4回行う予定で28日には2回目の作業を実施する。

ページ移動

キーワード検索フォーム