八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣市の「流」が勇壮演舞 魅力発信、世界エイサー大会

 【那覇】エイサーの魅力を広く発信する「世界エイサー大会2012」(同実行委員会主催)が6、7の両日、那覇市の県立武道館などで開催された。石垣市からは、創作演舞太鼓「流」NAGARE(仲持拓代表)が創作エイサーコンテストに参加し、勇壮な演舞を披露した。  同コンテストは、3部門で国内外から22団体が参加。グランプリ部門に出場した「流」NAGAREは「喜怒哀楽」をテーマに、北海道の民謡「ソーラン節」に合わせて力強いバチさばきを披露。会場から大きな拍手が送られた。  独創性や表現力を競うコンテストでは惜しくも本選出場を逃したが、仲持さんは「緊張したが、楽しくできた。大会は他の団体との交流と自分たちのレベルアップが図れるので勉強になっている」と笑顔を見せていた。  また、審査員の一人で竹富町出身の平田大一県文化観光スポーツ部長は「迫力があった。八重山らしさをエイサーに乗せればもっと良くなる」とアドバイスを送っていた。

ページ移動

キーワード検索フォーム