八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

9月21日、米軍岩国基地でオスプレイの試験飛行…

 9月21日、米軍岩国基地でオスプレイの試験飛行が始まった。もちろん普天間飛行場への配備のための訓練だ▼5項目にわたる安全確認なるものをし提出されたが、とてもこれで安全が確保されるとは思えない。まず低空飛行訓練の際、安全高度150メートルを順守とあるが、それは例えば東京タワーの半分、スカイツリーの4分の1の高さなのだ。その低さで沖縄上空を縦横に飛行するのだ▼住民密集地域を避けるとあるが、沖縄の米軍基地は住民地区と隣接しており、現に何度もその地域で事故を起こしている。特に普天間基地はその点だけでも世界一危険だとさえ言われている▼そんな疑問ばかりの安全策を野田首相は了承しオスプレイ沖縄配備に踏み出すのである。何という政治だろう。米国に対してはひたすら服従、他国や沖縄に対しては「毅然と!」。誰がこんな国を信ずるか。我々は知恵をしぼって「国」に抵抗しオスプレイ配備を撤回させなければならない▼東京新聞によると都下横田基地にはわずかの輸送機とヘリが発着するだけだという。そして首都圏上空には米軍が支配する広大な横田空域がある▼オスプレイは住民の絶対多数が反対する沖縄にではなく、誰も関心がなく、しかも余裕十分の横田基地にこそ配備されるべきだ。(八重洋一郎)

ページ移動

キーワード検索フォーム